〒850-0832 長崎県長崎市油屋町1-12 2階 思案橋ツダ眼科

.地域に根差した信頼ある眼科を目指し、地域医療に貢献します。

理事長あいさつ

思案橋ツダ眼科 理事長 津田尚幸 医療法人良幸会 思案橋ツダ眼科は、1981年4月3日に開院いたしました。

開院40年近くが経過しましたが、2000年からは国立長崎医療センター眼科部長だった山之内宏一博士に院長をお願いしています。
さまざまな手術に対応される先生ですが、最近はロービジョンケアに力を入れ、視力障害の強い方々への医療にも尽くしています。
これからも長崎地域の皆様にお役に立てると確信しています。

2005年からは、南長崎ツダ眼科院長で長崎大学眼科臨床教授の今村直樹博士にもお手伝いをお願いしています。

2019年には、クリニックの増改築を行い全面リニューアルしています。
今後も職員一同、心を一つにして地域医療のために努力してまいります。

院長あいさつ

思案橋ツダ眼科 院長 山之内宏一 思案橋ツダ眼科院長の山之内宏一です。
みなさん目の調子はいかがですか?
私たちは、皆さんが安心した笑顔で帰っていただけるように、日々、眼科診療に取り組んでいます。

大切にしていることは、一つ目は当たり前のことですが、目の病気を治すことです。
そのために新しい診断器機も導入しました。また、新しい治療方法も取りいれています。
治療が難しい場合は、他の病院とも連携を取りながら診療をすすめています。

二つ目はロービジョンのケア、目のリハビリテーションです。
治療の途中や治療が終わって病気が治っても十分に目の機能が回復しないことがあります。
日常生活にいろいろな支障が出る場合は、みなさんの不自由さを少しでも解決できるようロービジョンケアを早い時期から行っています。
見えなくて「できない」と諦めるのではなく、見えないけれども「できるようになる」ことを是非知っていただきたいと思っています。

この二つを診療の大切な柱として、みなさんのお話をよく聞き、ご相談しながら、一緒に目の病気と戦っていきたいと思っています。
どうぞ、目のことで何かお困りなら、お気軽にご相談ください。

院長略歴

山之内 宏一 略歴
昭和54年 長崎大学医学部卒業
国立長崎中央病院 研修医 (現 国立病院機構 長崎医療センター)
昭和56年 長崎大学大学院 入学
昭和60年 長崎大学大学院 卒業
長崎大学 医学部助手
昭和61年 国立長崎中央病院 眼科医長
平成11年 思案橋ツダ眼科 院長
所属学会 日本眼科学会
日本ロービジョン学会
日本白内障屈折矯正手術学会
日本眼科手術学会